ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【6年生】

どんぐり問題6年生6ⅯⅩ62ペンギンクラス(フンボルト族とマゼラン族)

投稿日:2020年11月3日 更新日:

ルクセンブルクで小学6年生の次男と
どんぐり問題をしています。
以前の記事にも書きましたが
今年はコロちゃんのことで
学校閉鎖などあって

右往左往しているうちに
あっと言う間に
1学年過ぎてしまった年でした。Σ(゚д゚lll)ガーン

で、

週1~2問はコンスタントに
やっていたのですが

気が付いたら
5ⅯⅩ全くしておらず

ちょっと焦っちゃたり
しましたが・・・

 

というわけで
夏休み頃から

5ⅯⅩと6ⅯⅩから
比較的面白い問題を取り出して
やっているところです。
で・・・

やっぱり問題の学年は
関係ないのかな?という
気もしてきました。

2MX以降
難問奇問・・・?(笑)


かなり面倒な数字の問題などなど
ありますので、

分からん帳の問題を
目で考えるという
ことさえ続けていれば
力はついていくのか?と

も思われます。
その辺りは
それぞれの状況に合わせて
いろいろ調整していくと
良いかと思いますし、

コンスタントにやっていれば
それなりに力はついているような
感じです。

で、今回ご紹介するのは・・・

 

6ⅯⅩ62
今年のペンギンクラスはフンボルト族と
マゼラン族で出来ています。フンボルト族は
23匹で、マゼラン族はクラス全体の1/3より
5匹多いそうです。では、マゼラン族は何匹いるのでしょうか?

 

という問題です。

大人でも
突然この問題を解けと
言われると・・・

しかも

xとかyは使っちゃダメよって
ことになると

うーんって考えてしまうような
問題ですね。

さて、小学6年生はどう考えたか
ちょっと見ていきたいと思います。

donguri6MX62

はじめ、

フンボルト族が23人で
クラスの約2/3ということで・・・

でも2で割り切れないので
何となく12と12ということに
することにしたそうです。

マゼラン族はクラスの1/3より
5人多くならないといけないので、

(12+12)-5=19

で23にならない。

ということは・・・

1/3を14にしてみる。

すると、
(14+14)-5=23となって
フンボルト族の数があう。

ということで、

クラスの人数は42人
フンボルト族23人
マゼラン族は19人

で正解となりました。
さすがですなー
どんぐりっ子!

そして、
すごく面白い問題ですよね。

私の好きな問題の一つです。
こういう風に説明してもらうと
理解はできるのですが

いざ自分が
こういう考え方で
この問題を解けるかといったら
できないですね。

いやだからね、
いかに考えられない頭に
なっちゃってるかって
ことですよね。

どんぐりって

とにかく
誰でももっている
目(視覚)を使って考えるんですよね。

得意技なんですよ、人間の。

それを
普通に育てれば
普通にみんな考えれるように
なりますよっていうのが

どんぐり理論なんですけど

これって
これまでありそうでなかった
理論で

ちゃんとやってみると
本当に物凄い大発見ってことが
分かります。

糸山先生ほんと
恐るべしって思います。

ノーベル賞受賞しても
絶対おかしくないくらいの
大発見ですよ。

糸山先生をはじめ
多くの方がいろいろ
情報を出されてますので

ほんと、
みんなにやってもらいたい
学習方法ですよね~。

この6ⅯⅩ62の問題の
長男の作品はコチラの記事に
書いていますので

興味のある方は
見てみてくださいね~♪

-どんぐり問題【6年生】
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

どんぐり問題6年生6MX14

どんぐり問題6年生6MX14 コロちゃんとケロ子さん

長男はどんぐりを卒業し、 次男とルクセンブルクでどんぐりをしています。 今日のお題はコチラです。 6MX14 ケロ子さんはウサギ飛びとカエル飛びで6km先の学校に行きます。 ウサギ飛びだけで行くと1時 …

%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%b3%ef%bc%91

6MX62 どんぐり問題~ご安心を!お約束さえ守れば絶対に進化します。「どうしてこれが分からないの?解けないの?」とイライラしたり、焦ったりするときの対処法

  答えを出して欲しい 正解して欲しい 結果をどんどん出して欲しい   という、親の欲求にかられます。   親は誰でも自分の子どもに期待します。ですから 当然のことだとも …

6MX32 どんぐり問題6年生 ガッパ君のきゅうり

どんぐり問題6MX32,6MX35 ガッパ君の裏庭のきゅうり問題~分数・約数・倍数はこうやって理解する~

どんぐり歴6年小5の長男とルクセンブルクで 日本語教育もかねて、どんぐり問題しています。 さて、今日は分数の問題です。 約数・公倍数もからんでいる問題です。 6MX32 ガッパ君の家の裏庭にはきゅうり …

All-focus

どんぐり問題6年生6MX58~3年かかってついに解けた!時計の問題~

この9月から中学生の長男と ルクセンブルクでどんぐり問題を しています。 どんぐり問題も佳境に入って来ております。 【問題】6MX58 3時から3時30分までの間で、 時計の長い針と短い針がぴったりと …

DONGURIどんぐり問題6MX74

どんぐり問題6年生 6MX74 ハム太郎~目で考える学習を取り入れると誰でもこうなります~

ルクセンブルクで そろそろ思考の臨界期を迎える 長男とどんぐり問題をしています。 年長~小6までのどんぐり問題700題 過去に一応全て自分で解いていたはずなのに、 あれっ?私解けないかもって 一瞬ヒヤ …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!