ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

未分類 育児

スポーツ習い事~水球water poloを始めた~

投稿日:2016年7月5日 更新日:

 

ずっと水泳に通っていた長男ですが、

数か月前から、面白そうなスポーツを始めました。

 

その名も、water polo。

 

ふーん。何ソレ?

 

って、全く知らないスポーツだったのですが、

チームプレーで面白そうだし、

 

有酸素運動で体も強くなりそうでいいんじゃない?

 

ってことで、

 

はじめました。

 

 

イギリスで生まれたスポーツで、

水深2m以上のプールで行う競技です。

言わば、水中ハンドボールみたいなスポーツです。

 

プレー中、選手はずっと浮いている状態なので

そうとう体力を使う競技ですよね。

 

こんなサイトを見つけました。

詳しいことは、こちらに書いてあります。

水球日本代表公式応援サイト

 

 

実は、water polo を水球というということすら

知らなかったんですが、

 

意外に私の地元でも昔からやってた競技だったんですね~。

 

 

ルクセンブルクには2つか3つ水球のナショナルチームがあるらしいのですが、

そのうちの一つに入ったわけです。

 

チームには息子と同じ3年生の男の子が一人いて

あとは中学生らしいのですが・・・

 

体格とか全然違うと思うけど、

大丈夫かいな?と思いつつ、

 

まあ、楽しくやってるみたいなので、

健康にもよさそうだし・・

続けたらいいんじゃないかと思います。

 

 

男の子女の子に関わらず、

好きとか嫌いとかにも関わらず

 

高校生辺りまでは、何かスポーツをした方が

いいと思います。

 

もちろん、

大人になってからもずっと運動は続けた方が

いいと思いますが・・・。

 

体力の衰えをひしひしと感じている今日この頃、

私も運動の必要性を感じてはいるものの、

 

運動する暇があったら寝ていたいという

状況。

 

それは、言い訳か。

 

 

話を戻して、

 

体を動かすことで

体にも

心にも

頭にもいい影響があると思います。

 

 

私は中学生になって吹奏楽団に入ったので

それからは、

運動は体育の授業だけになってしまいました。

 

 

そういう経験からいっても、

 

やはり、

何をするにしても

同時に何らかの運動は続けた方がいいような気がします。

 

 

小学生のうちは、いろいろ試してみて、

中学生くらいになったら自分の好きなスポーツに

絞って一生懸命やるというのが

いいと思います。

 

 

私が水球を知らなかったように、

他にもメジャーではないけれど、面白いスポーツが

あるかもしれませんよね。

 

 

子供達が自分から楽しんでやれるスポーツを

見つけられたらいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類, 育児
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

友だちにおもちゃを貸せない時どうする?そんな時の7つの対処法。

おもちゃを他のお友達に貸せない我が子・・・。何でうちのこはこんなに我が強くて、 我がままなんだろう?という方はご安心を。 おもちゃを貸せないのは健全に成長している証拠。 そんな時の6つの対処法を参考に …

Untitled1

どんぐりDONGURIセミナーin Spain アンケートその4

それでは、引き続き 今日は、スペインの小学校の先生のアンケート第4弾です。 アンケート3 教師歴20年未満 1年生   Q現場の問題点は? el razonamiento de los pr …

aroni-738302_1920-300x197

屁理屈を言う3歳児どうやって叱る?3歳児を上手に叱る3つのポイント

3歳になると若干落ち着いてくるものの、まだ他人の気持ちや都合があまり分からない。 何で何でとしつこく聞くようになったり、怒られると屁理屈を言うようになる。 また、「恥ずかしい。」「悔しい。」など、複雑 …

算数 苦手 原因 解決

どうして算数や数学が苦手になるのか?

今日は、 どうして算数や数学に 苦手意識をもってしまうのか? の根本原因について 考えてみたいと思います。 実はそれは 非常に簡単なカラクリなのです。 例えば、 日本語しか分からない人に 英語で考えろ …

baby-17366__340

言葉や意欲、考える力を育てる「語りかけ育児」を始めよう!

0~4歳我が子の発達に合わせた 語りかけ育児 サリー・ウォード 著 小学館   という本の中に   「おとながこどもに与えられるもののうち、 コミュニケーション能力ほど貴重なものは …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!