ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

ゲーテの言葉

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その7

投稿日:

ドイツの文豪 ゲーテの言葉7

7

 

自分の一生の終わりを

初めと結び付けることの

できる人は

最も幸福である

 

Johann wolfgang von Goethe

ヨハン ヴォルフガング フォン ゲーテ

 

 

いろんな人が

いろんなところで

同じようなことを言っています。

 

例えば、

パウロコエーリョの『アルケミスト』という本は

まさに物語全体を通して

このことを伝えているように思いますし・・・

 

T.S. Eliot

“we must not cease from exploration.

And the end of all our exploring will be to arrive

where we began and to know the place for the first time.”

 

TSエリオットも、冒険を続けよう。そして全ての冒険の最後には、

冒険を始めた場所へ辿り着くだろう。そして、初めて

その場所を知ることになる。

と言っています。

 

ひとそれぞれ

解釈は様々かもしれませんが・・・

 

 

私は思います。

 

 

自分を認めて

自分を信じて

自分の意思で

 

行動できるようになること。

 

 

そうすると

とたんに楽しくなってきます。

 

 

途中では

自分の判断や

価値感や力量に不安を得ることがあるかもしれません、

 

それでも

その過程を通して

自分の信念を持ち続けること

 

諦めないこと

 

そして

自分を信じきることが出来たときに

何が起こるのかということ。

 

最終的に自分とは何者であるか?ということに

帰結するのではないかと・・・。

 

 

ゲーテの言う

『最も幸福な人』を育てる方法は

 

どんぐり倶楽部、どんぐり理論で全て手に入ります。

 

-ゲーテの言葉
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

johann-wolfgang-von-goethe-63161_1280

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その2

ドイツの文豪 ゲーテの言葉2   いつかは 目標に通じる歩みを 一歩一歩と運んでいくのでは足りない その一歩一歩が目標なのだし 一歩そのものが 価値あるもので なければならない   …

image11

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その11

ドイツの文豪 ゲーテの言葉11   何も出来ない日や時には 後になって楽しめないようなものを作ろうとするより ぶらぶらして過ごしたり 寝て過ごす方がいい Johann wolfgang vo …

image10

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その10

ドイツの文豪 ゲーテの言葉10   人生において重要なのは 生きることであって 生きた結果ではない Johann wolfgang von Goethe ヨハン ヴォルフガング フォン ゲー …

altenberg-872745_640

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その4

ドイツの文豪 ゲーテの言葉4   本当に不幸なのは できることを未完のまま放り出し 理解もしていないことを やり始めてしまう人々だ 彼らがやがて嘆くのも無理はない Johann wolfga …

altenberg-872745_640

ドイツの文豪 ゲーテの言葉「育児・教育編」その1

ドイツの文豪 ゲーテの言葉1   焦ることは 何の役にも立たない。 後悔はなおさら 役に立たない。 焦りは 過ちを増し、 後悔は 新しい後悔をつくる。 Johann wolfgang von …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!