ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

季節の行事・工作 未分類 育児

子供の工作 ~おにぎり~

投稿日:

お嬢さん達が先日プラスティックのお皿や鍋で遊んでいたんです。

それを、見て

 

そうだ、玩具の果物と野菜を持ってこよう!

と思って、ふと考えた。

 

まてよ、紙で作ってみよう。

 

それで、

コピー用紙を持ってきて、

これでおにぎり作ろうか、と言って

紙をぐちゃぐちゃっと丸めて、ぎゅっぎゅっと

何となく三角のおにぎりを作ってみせました。

 

 

作ろう作ろうということになって、

沢山おにぎりを作りました。

 

「ここに海苔をまきたい!」

 

という要望があったので、

ペンで色を塗ろうかなと考えながら、

 

 

子供の机の引き出しをごそごそと探したら、

あったあった、

去年学校の工作で使い残していた、色画用紙!

 

ということで、それを使って、

おにぎりにのりをまき、

卵焼きを作り

梅干しをのせました。

IMG_5654

出来た出来た!

IMG_5716

始めは母と女子二人で作っていたのですが、

 

そのうち、

何か面白そうなことしてるねと、

 

ボーイズも加わり、

 

寿司やらなにやら沢山面白いものができました。

 

 

現在は、本当に見てるだけで可愛い玩具、

例えば、果物や野菜の玩具でも、子どもより自分がコレクションしたい

ようなものがたくさん売ってあります。

 

たまに、子どものためにではなくて、

自分のために買ってるんじゃないかと思うときもあります。

 

でも、

確かにかわいいのですが、

やはり子供の想像力や手の巧緻性を養うには

そういった既成の玩具は不適切です。

 

一枚のただの白い紙が、いろいろな物に変身する。

ただの、四角い段ボール箱が、船にも家にもなる。

 

バービー人形、かわいいし、スタイルいいし、

着せ替えごっこは楽しいです。

 

ミッキーマウスやキティーちゃんのぬいぐるみ、

誰でも欲しいキュートさですが、

 

やはり幼児には、タオルを絞って作ったお人形の方が

もっと頭を働かせる遊びが出来るはずです。

 

自分で顔も描けるので

世界で一つのオリジナルのお人形になりますしね。

 

 

お絵描きすると汚れます、

チョキチョキすると、紙が散乱します、

 

でも、きっと

自分の手を動かして、

自分で想像して作る遊びの最中

 

子供達の心の中には、生き生きとした楽しさが

いっぱい溢れていると思います。

 

 

ついつい、

いろんな玩具を買い与えてしまいがちですが、

 

時には、

周りにあるがらくたや

自然のもの

段ボール

空きビン

 

などをつかって

自分で玩具を作る、そういう体験を一緒に楽しみたい

そして、そんなひと時を大切にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

-季節の行事・工作, 未分類, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2016年もホットによろしくお願い致します

明けましておめでとうございます、 とうとう、2016年を迎えました。 今年も皆さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。さて、 私は、 ずーっと以前から「ある食べ物」のシャッターチャンスを 狙っていた …

夢や自分の好きなことをどんどん実現していく 子とそうでないこのたった一つの違いとは?

今日は、 ================= 夢や自分の好きなことをどんどん 実現していく 子と そうでない子の たった一つの違いとは? ================= とうタイトルで 書こうと思 …

『解法パターンを覚えると思考力が低下する根拠が分からない』にお答えします。

たまたま中学受験を目指す方の ブログを読んだので、 ちょっとシェアしたいと思います。   ブログから引用・・・・・・・・・・・・・ 「解法パターン」を「覚えるべきではない」と する根拠がよく …

secrets-2023402__340

糸山先生って、どんぐりってやっぱりすごい。どんぐりやっている人はこの記事絶対読んで下さい。

引き続きルソーのエミールを読んで いるのですが、多くの発見があり とても面白いです。 今日は以下を引用します。 これを読むと、 どんぐりの素晴らしさを 再認識することが出来ます。 では、引用です。 一 …

IMG_1857

世界共通、どこも同じ!算数=計算という考えをそろそろ変えた方がいいのでは?

小学校1年生の算数のテストです。 10分でどれだけ早く計算できるかというものです。 10分で56問正解ということだそうです。   お次は、小学3年生の算数のテストです。同じようなプリントが4 …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!