ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

日本語教育 育児

日本語力UP 生後0か月の赤ちゃんへの語りかけ

投稿日:2016年12月6日 更新日:

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ

それこそ

おっぱい飲んで

ねんねして

オムツをかえて

またおっぱい飲んでの繰り返しで

 

でた

話しかけても返事をしてくれるわけでもなし、

あやしても何か反応があるわけでもありません。

 

そんな赤ちゃんにお話しするなんて

会話が成り立つわけでもなあないし

一人で話してるようで恥ずかしいし

どうしていいか分からない

語りかけるのは苦手という方も

いらっしゃるかもしれません。

 

確かに、赤ちゃんは最初の頃は

ただ寝ているだけ、

何かあれば泣くだけの存在のようにも見えます。

 

でも、赤ちゃんはもともと素晴らしいコミュニケーション能力を

すでに持っています。

 

その才能を引き出すために

お母さんがちょっと協力してあげればよいのです。

 

お母さんも赤ちゃんもまだ不安だし、

慣れていないのは当たりまえ、

 

ですから

0か月の赤ちゃんへの語りかけは

まず、以下のような赤ちゃんへの語りかけの心構えを

持つことから始めてみましょう。

 

ここは安全だから、安心してねんねできるよ。

お腹がすいらお母さんが直ぐにおっぱいをあげるからね。

うんちして気もち悪かったら教えてねおすぐかえてあげるよー。

たまにお風呂にも入れるけど怖くないからね。

 

このように、赤ちゃんがきた世界は安心できる楽しい所だと

教えてあげることが0歳児への語りかけの基本です。

そして、不自由な赤ちゃんができるだけ快適にくらせるような

環境を整えてあげるよということも教えてあげましょう。

 

 

何にも話さない赤ちゃんでも

お母さんのそんな温かい気もちや態度行動は

赤ちゃんの愛情タンクにしっかりと蓄積されていって、

後々の成長の基盤となります。

 

 

コミュニケーションは一人ではできません。

 

最初はお母さんも分からないことだらけなのはあたりまえ。

だとしたら、この世の中のことも全く知らない

目も良く見えないし

体も思うように動かせない

そんな状態の赤ちゃんの方がもっと不安ですよね。

 

ですから、

お母さんの方からどんどんコミュニケーションを

とって赤ちゃんを安心させて導いてあげて下さい。

 

とはいっても、

やっぱり、まだお話出来もない赤ちゃんに話しかけるのは何だか

苦手だなあと思うかたはこんなことを想像してみ下さい。

 

あなたが道を歩いていると

お隣のおばあちゃんが苦しそうにしゃがみ込んでいます。

 

あなたはどうしますか?

 

まさか知らんぷりして通り過ぎる?ことは

ありませんよね。

 

たぶん、こんな感じで話かけると思います。

 

あら、おばあちゃんどうしたの?

大丈夫?苦しそうですね。

どこか痛いんですか?

 

ちょっと待って、すぐ救急車呼びますから。

大丈夫ですよ

直ぐ病院で診てもらえますからね。

 

あなたも、こんなふうにおばあちゃんに

話しかけますよね。

 

赤ちゃんへの語りかけも同じです。

 

お腹空いたかな?おっぱいあげるからね。

よしよしよし。

 

おしりきれいきれいしようか。

さっぱりしたね。はい終わりました。

 

などなど

 

オムツをかえる時

泣いた時

抱っこしているとき

お風呂に入れる時

 

上手にお話する必要はありませんし

赤ちゃん以外に聞いている人は誰もいません。

なので、

恥ずかしがらずに

どんどん話しかけてあげましょう。

 

そのうちに、

ママの語りかけもどんどん上手になっていきますよ。

 

 

-日本語教育, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

water-polo-78392__180

スポーツ習い事~水球water poloを始めた~

  ずっと水泳に通っていた長男ですが、 数か月前から、面白そうなスポーツを始めました。   その名も、water polo。   ふーん。何ソレ?   って、全 …

IMG_5716

子供の工作 ~おにぎり~

お嬢さん達が先日プラスティックのお皿や鍋で遊んでいたんです。 それを、見て   そうだ、玩具の果物と野菜を持ってこよう! と思って、ふと考えた。   まてよ、紙で作ってみよう。 & …

978-3-570-17095-3_3D_normal

3年生でドイツ語の本を読み始めた

これまで本の挿絵は見ているものの、文字はどうやら読んでいないよなという 長男だったのですが、3年生の中頃になって、自分からドイツ語の本を読むようになってきました。   数年前に、お友達から誕 …

baby-17366__340

言葉や意欲、考える力を育てる「語りかけ育児」を始めよう!

0~4歳我が子の発達に合わせた 語りかけ育児 サリー・ウォード 著 小学館   という本の中に   「おとながこどもに与えられるもののうち、 コミュニケーション能力ほど貴重なものは …

wellness-589776_1920-300x200

育児疲れがとれないママ。毎日を元気にして疲れ知らず7つの方法

家事に育児に仕事にとママは大変。 とくにこどもが小さい時は夜起こされることもしばしばで 疲れがたまります。   だからこそ、毎日少しでも自分のために時間をとって 体も心もリフレッシュすること …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!