ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

未分類 算数お役立ちアイテム

視考力を鍛えると、理解力と応用力が高まります。

投稿日:2015年12月17日 更新日:

車で移動中のある日、

お父さんが子供に遊び半分で以下の質問をしました。

144個の飴があります。12人の子供に同じ数ずつ分けると

一人何個ずつ貰えますか?

 

5秒程して、

12と答えました。

 

私は、12人の子供の12をただ繰り返して言ったの

だろうと思いつつ、

どうして12個になるのか

聞いてみました。

 

すると、その5秒くらいの間に

彼の頭の中で

以下のようなことが展開されていたそうです。

まず、10個の飴のまとまりが14個とあと4個

次に、子供が12人いる所がイメージされました。

10個の飴のまとまりを12人に分配すると

残り24個

 

そこで、最後に2個ずつを12人に再分配して

12個ずつとなったそうです。

 

すげー、視考力めっちゃ使ってるーって思いました。

 

例えば、私の様に

手順を教えてもらって答えを導き出すように

教えられた子供は

この質問を聞いた瞬間に、

以下のような反応をするはずです。

そして、

144÷12を頭の中で計算出来る子供か

12×12=144というのを覚えていた子供は

口頭のみで正解にいたることが出来ます。

 

確かに上記の二つのパターンとも

正解は正解です。

 

しかしながら、

この二つのプロセスは雲泥の差、

天と地との差があるのがお分かりいただけるでしょうか?

 

理解力と応用力がまるっきり違います。

この問題のように

計算問題を単に文章にしただけの

簡単な問題であればまだ

良いですが、

 

もっと複雑な問題になると

計算だけ出来ても

応用力がないため

行き詰ることは目に見えています。

 

私自身

自分の子どもが小さい時に

どんぐりの先輩ママのコメントなどを

拝見していて、

 

お子さんたちの進化の記事を

読んで自分の子供もこんな風に

なれたらいいなぁなんて

半ば半信半疑だったことを

覚えていますが、

 

今まさにその先輩ママさんたちが

書かれていた記事のような

進化を目の前で体験することが

出来、視考力のすごさを確信することが

出来ました。

 

どんぐり理論とどんぐり問題には子供達の持って生まれた才能を

発揮する方法が確かにあります。

是非ご家庭で取り組まれることを

お勧めします。

-未分類, 算数お役立ちアイテム
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Untitled1

どんぐりDONGURIセミナーin Spain アンケートその3

それでは、前回に引き続き 今日は、スペインの小学校の先生のアンケート第3弾です。 アンケート3 教師歴10年未満 2年生 Q現場の問題点は? Razonamiento matematico, espe …

no image

スティーブン・R・コヴィー 著作『第8の習慣』「効果」から「偉大」へ より、育児・教育に関する興味深いためになるお話

先日友達からスティーブン・R・コヴィー著、 『第8の習慣』効果から偉大へ を借りて読んでいるのですが、教育に関して良いことを書いてあった ので、紹介したいと思います。 さて、このスティーブン・R・コー …

cover

2016年3月アマゾンで販売予定の書籍『ゆっくり・のんびり・マイペースが子どもを伸ばす』その子らしさと学力を伸ばすお絵描きの秘密!の「あとがき」

あとがき   成長段階にある子ども達の育児や教育を考えるときには、まず人間の奥深くにある本質を よく洞察することが必要であるという観点から、 本書に紹介した子どもたちの絵も、成長しつつある子 …

no image

繰り上がりも繰り下がりも目で見えるから簡単!計算なのに視考力もつく謎のデンタ君。ハーフの小学1年生実践中!

謎のデンタ君とは?   デンタ君ってこんな人です。人? 写真では分かりづらいですが、 パウチしていますので、 ホワイトボードマーカーなどで書いて消して と何度も使えるので便利です。 &nbs …

890

Mental Images and the Modification of Learning Defects by Bernard M Patten( Book ) 読みたいけれど売ってない・・・アインシュタインの視覚的思考に関する本

ベルナール・パッテンという大脳生理学者が アインシュタインは視覚的思考をしていたという 論文「メモリー&メンタルイメージ」を 1973年に発表したということで 検索してみたのですが、論文のせいもあって …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!