ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

未分類 育児

~子どもの習い事~とにかく登るのが好きな次男 とうとうロッククライミングに挑戦

投稿日:

とにかくどこにでも登りたがる次男7歳。

車の屋根

垣根

モニュメント・・・

 

いや、ホントにどこにでも登るし、

登ってるうちにだんだん上手に登れるようになってるしで・・・

 

家の前に、通称”りんごの庭”があるのですが、

そこには

サクランボや

プルーン

リンゴ

等、いろいろな果物がなるのですが、

 

いままさにリンゴや梨の季節。

次男はするするとお猿のように木に登り、

おいしそうなリンゴや梨をとっては食べています。

 

ということで、

 

そんなに、登りたいならいっそのことスポーツとして

やったらどうかということで、

ベルギーのアルロンにあるコチラ☟に連れて行きました。

http://www.lescalearlon.be/photos.php?album=photos_salle_escalade

climbing-883281_640

17m登りました。写真はイメージです。

 

ところで、ロッククライミングは、

アルパンクライミングスポーツクライミングに分けられるそうです。

 

実際に山に登る場合はアルパンクライミング

スポーツとして楽しむ場合はスポーツクライミング

というそうです。

 

 

また、道具を使うか使わないかでも呼び方が変わるそうです

ハーケンやはしごなどの道具を使って登るのがエイドクライミング

命綱以外は道具を使わずに自力で登るのがフリークライミング

と呼ばれます。

 

images-2

ちなみにハーケンとはこんなものです。どうやって使うのかは

定かではありませんが・・・。

 

なので、次男がやっているのは、

ロッククライミングの中でも、スポーツクライミングのフリースタイルと

いうことになるでしょうか。

 

また最近では、ボルダリングというのも人気があるみたいですね。

命綱なしで簡単に出来るお手軽感がいいですね。

5mぐらいの高さまでしかなく、

落ちても下にマットが敷いてあるため安全です。

 

登りたいというパッションがなにより大事ですが、

ある程度の身体的能力・筋力

テクニック的な部分と

そして、メンタル的な面でも鍛えられていいかもしれませんよね。

 

どうやったら、無駄なく無理なく登れるかといった戦略を考える。

そして、自分がイメージした通りに登れたらもう最高って感じでしょうか。

 

今の時代、いろんな習い事やスポーツがありますので、

子どもが興味があることを探してあげれたらいいですよね。

 

-未分類, 育児
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

IMG_7976

日本語力UP 生後3ヶ月の赤ちゃんへの語りかけ

3か月の赤ちゃんの語りかけの実践   この頃の赤ちゃんは目覚ましい発達を 見せてくれます。 第一に、あやすとにこっと笑うようになります。 第二に、声(喃語なんご)を出すようになります。 第三 …

no image

こどもがお絵描きしている時の6つの禁止事項

大人はついついこどもの絵を見ると、あれこれ口出ししたくなるものですね。 例えば、海は青だよとか、りんごは赤、耳がないよ、髪はどうだったかな?と言った具合です。 しかしながら、この一言一言がこどもたちの …

img_4436

日本語力UP 生後1ヶ月の赤ちゃんへの語りかけ

この時期も0か月同様に まだまだおっぱい飲んでねんねしてといった感じです。   語りかけも、先月に引き続き オムツを替える時 お風呂に入れる時 おっぱいをあげる時   おしりきれい …

no image

ルソーのエミールよりメモ

  以下引用 そこで、不確実な未来のために 現在を犠牲にする残酷な教育を どう考えたらいいのか。 子供にあらゆる束縛をくわえ、 遠い将来におそらくは子供が楽しむことも 出来ない、訳の分からな …

img_8507

ルクセンブルク料理 レストラン ~restaurant mousel’s cantine~

実は今までルクセンブルクの郷土料理を食べたことがなかったのですが、 機会あって、やっとルクセンブルク料理の伝統的な料理が 食べれる mousel’s cantine というお店に行ってきま …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら