ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

季節の行事・工作 未分類 育児

6月23日 ルクセンブルクナショナルデー 暑かったー。

投稿日:2016年6月27日 更新日:

 

IMG_5157

6月23日はルクセンブルクナショナルデーでした。

 

この日は、センタ―横の公園で子供達のために、遊具や面白い玩具、

アクティビティーが開催されました。

 

前日までは、肌寒くてさえないお天気が続いたものの、

さすがナショナルデー。

 

車の温度計は38度になってました。

 

子供と一緒に2時間炎天下の中にいたら、

倒れそうになりました。

 

そのぐらい、久々の良いお天気でしたねー。

 

中でも、

うちの4歳と2歳が気に入ったのがコチラ↓。

 

IMG_5166

 

ただ、それぞれの箱の中に、

草、ボール、水、コルク、葉っぱ、紐、綿・・・等々

いろいろな物が入っていて、その上を歩いていくという

とてつもなくシンプルな遊びだったのですが、

 

何回も遊んでいましたね。

 

子供って、こういうシンプルで簡単なものが意外に

好きですよね。

 

でも、こんな箱もあって、

IMG_5174

げっ、

さすがに、玩具でも虫がいっぱい入っている箱には

足を入れれませんでした。(笑)

 

こんなのもあったり・・・

IMG_5193

 

好きな絵を描いたり、模様を付けたりして、

オリジナルバックを作ったり・・・

 

IMG_5207

 

自分で色づけした紙や布でバッジを作ってくれたり・・・

IMG_5201

一日中楽しめるイベントでした。

 

帰ったら子供達はバタンキュー。

 

楽しい一日を過ごすことができました。

 

 

 

-季節の行事・工作, 未分類, 育児

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

still-life-1037376_1280-300x200

子どもがお話を良く理解しながら楽しめ、情緒が豊になるための絵本の読み聞かせポイント10

絵本を読んであげることで、親子のコミュニケーションがとれ、一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ます。 お母さんとの落ち着いたゆったりとした雰囲気のなかで、子供達は、絵本と自分の体験を結び付けたり、 想像 …

no image

ルソーのエミールよりメモ

  以下引用 そこで、不確実な未来のために 現在を犠牲にする残酷な教育を どう考えたらいいのか。 子供にあらゆる束縛をくわえ、 遠い将来におそらくは子供が楽しむことも 出来ない、訳の分からな …

no image

いつから赤ちゃんに絵本を読んで聞かせる? 日本語教育の始めは白黒絵本から

  私がキッチンで片付けをしていると・・・ お兄ちゃんたちが どこから見つけてきたのか 赤ちゃんに白黒絵本を読んであげていました。 上の子達のために買って見せていたものなのですが・・・ &n …

climbing-883281_640

~子どもの習い事~とにかく登るのが好きな次男 とうとうロッククライミングに挑戦

とにかくどこにでも登りたがる次男7歳。 車の屋根 垣根 木 モニュメント・・・   いや、ホントにどこにでも登るし、 登ってるうちにだんだん上手に登れるようになってるしで・・・   …

img_5387

保育園、幼稚園、家庭でも簡単に作れる幼児の工作アイディア1

  ちょっと前置きですが、 うちの子どもたちはルクセンブルクの現地校に通っているのですが、 ルクセンブルクでは小学生以下は 次のようなクラスがあります。   プレコース 1年間(年 …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!