ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【年長】

どんぐり問題年長さん 0MX18 ありんこのりんこちゃん続編

投稿日:2016年12月28日 更新日:

進化13 ありんこのりんこちゃんの続編

進化12で、

0mx18

まいごの ありさんが、悲しくて なみだを おとしながら あるいています。

ありさんが 一歩 あるくたびに なみだは 3つぶ おちてしまいます。

では、ありさんが 4ぽ あるくたびに なみだは なんつぶ おちてしまうのでしょう。

という問題で、

じゃあ4ぽ歩いた時涙はなんつぶ?って聞くと、

「最初は泣いてたけど 後でもう

泣き止んだから もうない。」

と答えていた次男ですが・・・さて1年後1年生になりました。

年長さん問題

ありんこの りんこちゃんが たびにでました。とてもとても とおい

たびです。りんこちゃんは とちゅうで さびしくなって なきだしてしまいました。

なみだが 一つ二つとおちてきて、ついてには おおきなおおきな いけが できました。

そこで、りんこちゃんは、そのいけの なみだみずを のんでみることにしました。

すると、6かいで のんでしまうことが できました。では、1かいで 3このなみだみずを

のんだとしたら りんこちゃんが ながした なみだは なんこ だったのでしょう。

ということで、

無事に答えまでたどり着けるようになりました。

長男同様、答えがでないと悔しくて泣くことが

多かったのですが、

最近では答えが間違った時でも

感情的にならず

絵を描き直してみる、考え直してみる、ということが

出来るようになってきました。

それでも、分からない時はさらっと分からん帳に

入れることが出来ます。

1年生にはなりましたが、まだまだ年長さん問題を

楽しんでいます。長男の時も、1年生の後半までほとんど

年長さん問題をしていました。

問題数を消化するという意味では、

なかなか進みませんでしたので、1年生でも

1年生問題は10問くらいしか出来ていなかったと

思います。

しかしながら、

問題を数多くこなすことが目的ではありませんし、

多く正解することが目的でもありません。

子どもの視考力を養成するのが目的だということを

忘れないようにして、じっくり・ゆっくり・丁寧に

進めていって下さい。

-どんぐり問題【年長】
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

sany3390-donguri

どんぐり問題年長さん 0MX55 健全な省略

進化4 健全な省略・・・抽象化への道 どんぐり問題の基本は丁寧に絵を描くこと。 しかし・・・ 問題には虫や動物などが出てきて、15匹とか20匹などは常ですが 時よりものすごい大きい数が突然現れたりしま …

image-4

どんぐり問題年長さん 0MX99 進化させる仕組み

進化6 進化させる仕組み <0MX99> あかいはなと しろいはなが あります。あわせると  みんなで 24ほんあります。また、あかいはなは しろいはなより  6ぽん おおいです。では、しろいはなは  …

imabbbge-1

どんぐり問題年長さん 0MX18 どんぐり問題に振り回されず利用する極意

進化9 どんぐり問題に振り回されず利用する極意 どんぐり問題は確かに思考力を養成できる いまだかつてない画期的な問題です。 問題自体が非常に良く仕組まれていますので、 使用上の注意をちゃんと守って行う …

image-1

どんぐり問題年長さん0MX35 

進化13 計算の前に理解力と思考力を身に着けよう! オリジナルのイメージ想起力と そのイメージを使って目で考える力が、 後々どれだけスゴイ威力を発揮するか ということを理解している人はまだあまりいませ …

SANYO DIGITAL CAMERA

どんぐり問題年長さん 0MX20 見えないものを見る力2

進化2 見えないものを見る力2 どんぐり問題 問題番号0MX20 きょうは くじらの うんどうかいの ひです。しんたろうくんの くじらも でます。 あかいくじらと しろいくじらに わかれて きょうそう …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら