ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【3年生】

どんぐり問題3年生3MX78 クジラの太平洋往復競争

投稿日:2016年2月24日 更新日:

進化13 でもそれだけでは問屋が卸しません。同じ問題に見えても全く違う、恐るべしどんぐり問題!

さて前回、進化12で出てきた
クジラの往復競争の問題ですが、
まだまだ続きがあります。

 

今回は、

 

3MX78

マッコウクジラのマッコー君とザトウクジラのザットー君が

片道50000kmの太平洋往復競争をしました。

マッコ―君は1時間に100km、ザット―君は1時間に90km泳げるとすると

ゴールにたどり着く時間の差はどれくらいになりますか。

 

前回の問題と太字の所一か所だけ違うんですが、

これが似て非なるものなり。

 

 

 

さて、息子

 

前回同様に、マッコ―君は1000時間とすぐにでました。

 

そして、ザット―君は1111時間ということにして、

(端数を勝手に切り捨てたな!!!)

 

 

そして、二人がゴールする時間差は、

 

111時間という答えになりました。

 

 

でも、違います。

 

 

で、次に112時間という答えになりました。

 

それでも、違います。

 

 

 

そして、

 

だって、90km割れないもーーーーん!!!

 

と言い訳する。

 

 

 

じゃあ、どうする???

 

 

 

うーーーーーん・・・・・・。

 

 

ヒントはもちろん出してはいけません。

 

 

 

で・・・、

1時間は60分でしょ・・・。

 

 

 

あっ、ほらね、ちゃんと考えれるでしょ。

そんな怠慢はゆるされませんよ。心中のつぶやき

 

 

なにやら、いろいろ考えていましたが・・・

 

 

頭が気もち悪い・・・・。

 

 

だって、あと10kmが・・・・。

 

(ザットー君の99990kmまでは、90km╱時で

割り切れるのですが、残りの10kmは分・秒単位で考える必要が

あるため)

 

と言い出して、

 

 

はい、私にも聞こえてましたよ、その音が

頭の中がバキバキいってましたね。笑

 

 

ちなみに答えは、

111時間6分40秒です。

 

 

いやー、良く頑張ってると思うよ。

もう、今日は止めといたら。

 

 

で、

 

 

この日は終了しました。

 

 

 

この様に、どんぐり問題は一見似ている問題が結構出てくるのですが、

よーくみてみると難易度が全く違うんですよね。

 

また、前学年の問題が次の学年に繰り越されていたりもしますが、

これも、ちゃんとした意図があります。

 

 

意図の一つには、子どもの思考力の段階によって、その時々によって解き方が全く違ってくるのでそれを楽しむためということがあります。

 

また、あえて難しい問題を最初に見せておくことで(解かせることとか正解させることが目的ではない)、子どもの頭に無意識的に、長期的なスパンで準備をさせておくという意図もあります。で、次の学年で同じ問題をもう一度見たときに、自然に免疫がついているんですね。

 

そう、予防接種みたいなものですね。

 

 

今までにないような難しい問題を初めてみたときとか、

明らかに自分では対処できないようなものに出会った時は、

 

「げっ!」

 

って、思いますよね。誰でも。

 

 

でも、あえてそこで

無理やり果敢にぶつかっていく必要はないんですよ。

 

だって、準備出来てないから、玉砕します。

もちろん、それを強制してはいけません。

 

 

とりあえず、こんなのもありますよ。って見せておいて、

 

こどもも、あー、こんなのもあるんだって思ってもらって

 

 

心構えとそれをどう対処するべきかっていうことを

準備させるんですよね。

 

 

そうやって、見続けていると、慣れて来るし、抵抗感が少なくなるんですよね。それが当たり前になりますからね。

 

 

すると、準備が出来たときに、

 

ちょっと戦ってみるかな。と思えるようになり、

 

そのうちに倒すことが出来るようになります。

 

 

ということで、

 

今回は、どんぐり問題の奥深さについてお話してみました。

 

さあ、この問題の続きはどうなることでしょうか、

あと10kmをどうするか???

 

 

楽しみですねー。

 

 

 

さて、その翌週また再挑戦しました。

 

今回は、ザット―君は1111時間16分40秒かかるということに

なりました。

 

おおおーーー!

 

大分近くなりました。

 

さて、今後の経過が楽しみです。

-どんぐり問題【3年生】
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

image (24)

どんぐり問題3年生 番外編

進化9 どんぐり問題が算数の問題ってことに気が付いてなかった!? タイトルにもあるように 長男は、 最近までどんぐり問題が算数の問題だということに 気付いていなかったらしい・・・ ホントかよっ!? っ …

3mx79untitled

どんぐり問題3年生 3MX79 倍数問題は板についたようです

進化2 倍数問題は板についたようです 3MX79ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています。 今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます。もしも、明日 今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけに …

image (18)

どんぐり問題3年生 3MX59 単位や量は実感することが大事

進化3 単位や量は実感することが大事 3mx59 蟹の介は一歩で25mm、蟹の心は一歩で30mm歩くことが出来ます。 二人は、お母さんに頼まれてお使いに行くことになりました。 蟹の介は15cm離れてい …

image (19)

どんぐり問題3年生 3MX94 実は分からん帳行きの方が多いんです~

進化4 実は分からん帳行きの方が多いんです~ いろんなところで、子供達のどんぐり問題の記事を書いています。 皆さんにどんぐり問題がどのくらい威力があるかということを知っていただくために、 正解した問題 …

IMG_7091

どんぐり問題3年生 3MX78 クジラの太平洋往復競争パート3

難航していた クジラの太平洋問題でしたが つ・い・に 解けました! しかも、今回はかなり あっさりと勝利しました。 クジラの太平洋問題はこんな問題です。 3MX78 マッコウクジラのマッコー君とザトウ …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!