ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【3年生】

どんぐり問題3年生 3MX94 実は分からん帳行きの方が多いんです~

投稿日:

進化4 実は分からん帳行きの方が多いんです~

いろんなところで、子供達のどんぐり問題の記事を書いています。

皆さんにどんぐり問題がどのくらい威力があるかということを知っていただくために、

正解した問題を掲載していますが、いつも正解な訳ではありません。

むしろ、分からん帳行きの問題が多いです。

どんぐり問題は、子どもの学力養成が目的なので、答えはオマケ、

あっていようが間違っていようが、問題を解く過程で、本人が自力でイメージ想起をして

それを動かしていくことが重要なんですよ。とはいっても、正解している問題を見て貰わないと、

「ほんとに、そんなんで考える力つくんですか?」

「ほんとに、難しい問題を秒殺できるようになるんでしょうか?」と半信半疑ですよね。

ということで、ここに来て、ある程度皆さんにも信用していただけていると思いますので、

あえて今日は、進化の舞台裏の様子をお伝えしたいと思います。

3MX94

朝太郎は、朝のコーヒーを飲んでいるときに、ふと飴を食べたくなり200秒で

11個の飴玉を作ることができる自動飴玉製造機を発明しました。

それでは、この製造機が2時間で作ることが出来る飴玉の数と

、その数の百の位の数字を十の位にして、十の位の数字を一の位にして、

一の位の数字を百の位にした数の差はいくつになるでしょう。

1日目

飴玉製造機を一生懸命描いたら、頭が痛くなってきて終了。

2日目

数字を何だかたくさん書いてみたが・・・断念。

3日目

これまた何だか数字をたくさん書きこんで、結構長いあいだ考えていた様子ですが、断念。

飴玉の数も正解にかなり近かったのですが・・・粘り負け。

とうことで、もう違う問題したいということになったので、

とりあえずこの問題はお蔵入りということになりました。

ま、コメントとしては、数字たくさん書いてますが、全体をパッと見渡せる絵がちゃんと描いてないので、

答えに至らないのは当然かな?って感じですね。

やっぱり、時間が入ってくると絵に描き表しにくいようですが、

そこを何とか工夫するといいみたいですね。

ということで、正解に至った問題でも、数日かかった、数週間かかった、数か月かかったというものもあります。

でも、それが本当の理解力や考える力、そして間違ってもくじけない、諦めない心や、やり抜く根性、

そして思考の忍耐力を育てます。最後に、長い時間かかったけど、自力で何とか解けたという何とも言えない、

充実感をともなった自信を得ることが出来ます。

-どんぐり問題【3年生】
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

3mx79untitled

どんぐり問題3年生 3MX79 倍数問題は板についたようです

進化2 倍数問題は板についたようです 3MX79ミミズのニョロのクラスでは風邪が流行っています。 今日は昨日の3倍の生徒が休んでいます。もしも、明日 今日の4倍の生徒が休んでしまったら、ニョロだけに …

ibbyymage

どんぐり問題3年生3MX78 クジラの太平洋往復競争

進化13 でもそれだけでは問屋が卸しません。同じ問題に見えても全く違う、恐るべしどんぐり問題! さて前回、進化12で出てきた クジラの往復競争の問題ですが、 まだまだ続きがあります。   今 …

image (23)

どんぐり問題3年生 3MX40 どうして気が付かないのか?それは数字の罠

進化14 どうして気が付かないのか?それは数字の罠 はい、今回は以下の問題です。   3mx40 クジラのマッコウ君の今日の朝ご飯はプランクトンです。赤プランクトンと青プランクトンを合わせる …

IMG_7091

どんぐり問題3年生 3MX78 クジラの太平洋往復競争パート3

難航していた クジラの太平洋問題でしたが つ・い・に 解けました! しかも、今回はかなり あっさりと勝利しました。 クジラの太平洋問題はこんな問題です。 3MX78 マッコウクジラのマッコー君とザトウ …

image (20)

どんぐり問題3年生 3MX30 結局なんだかんだ言っても、やっぱり絵で考えないと答えが見えません

進化5 結局なんだかんだ言っても、やっぱり絵で考えないと答えが見えません 3MX30 サンタさんが、子供10人に、それぞれ同じ値段のお菓子を3個ずつと、 そのお菓子1個の丁度2倍の値段がする玩具を2つ …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら