ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【4年生】

どんぐり問題4年生 4MX09 そうきたか!

投稿日:

進化2 そうきたか!

4MX09

 

カブト3匹とクワガタ4匹を缶に入れて重さを計ったら2㎏600gでした。

缶はカブトと同じ重さで、カブトは3匹とも同じ重さです。また、

クワガタは1匹がカブトと同じで、他の3匹はカブトの丁度半分の

重さです。では、軽いクワガタ1匹の重さは何gでしょう。

 

という問題をしました。

「はい、出来た。1匹200g。」

 

じゃあ、ちょっと待ってね答え確認するからね、

と言って、私も絵を描きながら問題を解く。

 

あれ、半分残ったなー。

どうするこれ?

 

そうだな、2倍にすればいいか。

 

ということで、カブトが6匹分+クワガタが1匹分

を2倍にして、カブト13匹分で5㎏200gということにして、

カブトが400gとでました。

 

ですから、軽いクワガタはその半分で200g。

 

 

その後、

 

子どもの解答を見て、

ちょっと意味が分からなかったので、

 

「なんで、クワガタ200gって分かったの?」

 

「だって、クワガタが13匹分だから・・・

2kg600gを半分にしたら、1㎏300g

だから、100g二つ分。」

 

 

なるほど~。気が付かなかった。

 

私はカブトを基準にして考えた。だって1だから。

子どもはクワガタを基準にして考えた。半分を。

 

半分を基準に考えれるって凄いな。

 

 

そうだよね、クワガタを基準にしたほうが、簡単だし、速い。

 

 

そして、説明してもらうまで、クワガタを基準にすることを

思い付けなかった自分の頭の固さ

 

そして、子どもの頭の柔軟さと合理性

 

恐れ入りました。

 

 

-どんぐり問題【4年生】
-, , , , ,

執筆者:


  1. レオン より:

    ◎基準の変換は、視点変換のための大きなキーポイントなんです。こうやって、様々な切り口を身に付けるんです。素敵ですねぇ。

    • donguru より:

      糸山先生、ご無沙汰しております。
      ブログに来ていただいてありがとうございます。
      お蔭さまで、子供達はどんどん賢くなっていってくれてます。
      こんな考え方ができるんだなあといつも勉強
      させて貰ってます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

star1

どんぐり問題4年生 4MX94 思考力は誰でももっている力

進化1 視考力は誰でももっている力 さて、今回は3年生の進化の記事の続きです。 4mx94 ここは何でも屋さんです。ここでは、お星さまと黄金たこ焼きが良く売れます。 お星さま2個と黄金たこ焼き3個では …

34ER

どんぐり問題4年生4MX94 チャレンジ精神

先日どんぐる教室で以下の問題を解いてみました。   4MX94 ここは何でも屋さんです。お月様と黄金たこ焼きが良く売れます。 お星さま2個と黄金たこ焼き3個で、190,000,000ユーロ、 …

img_5989

どんぐり問題4年生4MX30

今日は、 4MX30 もぐらのモグモグは、今日からトンネルの壁塗りをします。 モグモグは、いつも午後は午前中の3倍の仕事をします。 今日は午前中に全体の12分の1の壁を塗りました。 では、このトンネル …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!