ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

進化10 小学3年生 算数&日本語進化の様子 3年生『どんぐり問題』3MX43

進化10 まだまだ割り算は使わない!?

 

3MX43

マッコウクジラのマッコー君とザトウクジラのザットー君が

片道50000kmの太平洋往復競争をしました。

マッコ―君は1時間に100km、ザット―君は1時間に80km泳げるとすると

ゴールにたどり着く時間の差はどれくらいになりますか。

50000キロの往復競争ということで、大変な数になっていますが、

マッコウ君の方は、100km╱時が1000回分ということで、1000時間

というところはすぐでたのですが、

 

ザット―君の80km╱時をどうするか?

 

ちょっと考えて

 

80km╱時が1000回分(1000時間)で、80000km

だよね・・・。

 

 

100000kmまで

あと、20000kmどうしよう・・・。

 

 

うーん・・・。

 

 

ということで、

一日目は終了しました。

 

 

 

さて、翌日、

 

後20000km

 

 

あー、

 

 

80km╱時×200時間=16000km

80km╱時×50時間=4000km

 

 

で、20000kmになるー。

 

 

ということは、

 

全部で、

 

1250時間かかる

 

 

だから、

 

マッコ―君 1000時間

ザット―君 1250時間

 

ということで、250時間の差

 

になり、正解でした。

 

 

 

 

こんなに数が多くなっても、

割り算なしでも何とかなるもんなんですね。

 

 

 

50000÷80=?って突然するよりも、

 

このように分解して考えると

簡単に、しかも間違えずに出来ますよね。

 

身の丈にあった考え方と手順で

よく出来ました。

 

最初から、

道のり÷速さ=時間のような公式に当てはめた

やり方を教えるとか・・

 

やはり、あまり関心しませんね。

 

自分でオリジナルの絵を描いて

そこから、工夫して答えをだすことで

本当の理解が生まれてくるのですから。

投稿日:

執筆者:

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら


➦Amazonにて近日販売!