ハーフの子どもたちの日本語継承語教育と考える力を育む『どんぐる教室』in ルクセンブルク

ハーフの子ども達のゆっくり・じっくり日本語継承語教育と学力養成なら 『どんぐる教室』 in ルクセンブルクおまかせ下さい

どんぐり問題【一般】 未分類

どんぐりDONGURIセミナーin Spain アンケートその4

投稿日:

それでは、引き続き
今日は、スペインの小学校の先生のアンケート第4弾です。

アンケート3 教師歴20年未満 1年生

 

Q現場の問題点は?

el razonamiento de los problemas.(問題の推論)

論理的に考える事、ですかね。

➡これまでの伝統的な価値観とか思い込みが
頭にこびりついてますから、
それがブロックしてしまうんでしょうが・・・

実は、論理的思考力をつけるのは本当に簡単なんですよ。

私もそうだったんですけど、
数学的アプローチとか論理的思考とかって、

問題を読んだら
計算式をきちっとたてて、答えを出さなければ
いけない、って思いこんでたんですけど、

実は途中が完全に抜け落ちてしまっているんです。

数学的アプローチ、論理的思考って
計算式を立てることではないんです。

計算式をだーって並べてたら
なんか頭よさそうですけど、そうじゃないんですよ。

計算式を立てる前段階の、
答えまでの道筋を見つけることが、
論理的思考なんですよ。

計算式や計算は、単なる後付けに過ぎないですよ。
どうやって考えたかをみんなに分かるように
書き記したものに過ぎません。

そのすっぽり抜け落ちた部分を
みんなに気付いてもらって、

子ども達にしっかりと指導しさえすれば
みんな学力up間違いなしなんです。

Qどうすればいいと思う?どうなれば理想?

Establecer im procedimiento fijo para los alumnos
con mas dificulutad que podria ser  de

/analisis de los datos

/analisis de la cuestion final;tenemos todos los datos para solucionarlo o para el contrario hay que buscar o doducir algun otro dato.

(以下に生徒の困難さが固定されている可能性があります

/データの分析
/最終的な質問の分析

我々はそれを解決するためのすべてのデータを持っているか、あるいは逆にいくつかの他のデータを見つけ出すか作り出す必要があるか。)

➡analisis de los datos(データ分析)が出来ていないつまり、平たく言うと問題内容と質問をよく理解できていないということですよね。

問題解決のためのデータは問題文に書いてありますよね。
でないと、条件がないと一つの答えになりませんからね。ですから、問題文に書いてあるデータ(どのような条件下で問題を解くのか)をきちっと把握(理解)する必要があります。

次に先生が書いている、hay que buscar o doducir algun otro dato(他のデータを見つけ出すか作り出す必要がある)というのは、上で把握した(理解した)データを、質問に合うように操作(移動、変形、複写、比較)することにあたります。これが、考えるということです。

こうかくと、すごく難しく思うかもしれませんが、

とにかく、理解したものを絵に描いて、目で見えるようにして、
次に、どうすれば質問で問われている答えがでるだろう
と問いかけながらその絵図をよく見る。

そうすると、人間だれでも勝手に考えるんです。
脳が・・・。

確かに、多少時間が必要ですよ。

で、どうすれば答えに辿り着くか、そうか、
こうして、ああして、そうすればいいんだなって、
分かった時点で、計算するんです。

そしてまず私達はEstablecer im procedimiento fijo para los alumnos(以下に生徒の困難さが固定されている)という状態がいろんな学校やクラスで通常の状態であるということが尋常ではない状態だということに危機感を持つ必要があります。

理解や思考が出来ない子供は実は一人もいません。理解や思考が出来ないように育ててしまっているというのが現状です。まずは、子供達に理解とはなにか、理解するにはどうするかその方法を教えましょう。簡単です。

絵を描いてしっかりと理解・読解が出来るようになれば、誰でも自動的に考えられるようになります。

 

-どんぐり問題【一般】, 未分類
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

IMG_1857

世界共通、どこも同じ!算数=計算という考えをそろそろ変えた方がいいのでは?

小学校1年生の算数のテストです。 10分でどれだけ早く計算できるかというものです。 10分で56問正解ということだそうです。   お次は、小学3年生の算数のテストです。同じようなプリントが4 …

consumer-society-386661_1280-300x182

テレビは何時間見せたらいいの?週末テレビはいいことだらけ。

テレビって一体一日何時間見せたらいいの?ということで、 やはり子どもが平日毎日2~3時間テレビを見ているとしたら、若干見過ぎではないかと 思います。 また、 ヨーロッパの一般的な家庭で、日常的にテレビ …

secrets-2023402__340

糸山先生って、どんぐりってやっぱりすごい。どんぐりやっている人はこの記事絶対読んで下さい。

引き続きルソーのエミールを読んで いるのですが、多くの発見があり とても面白いです。 今日は以下を引用します。 これを読むと、 どんぐりの素晴らしさを 再認識することが出来ます。 では、引用です。 一 …

pencils-452238__340

子供の日本語がヤバいと思った時の対処法3

前回は青い絵の具を使いきるには何枚の 紙が必要か~というのがちんぷんかんぷん だった娘に、 実際に青い絵の具を使って、 画用紙を塗ってみるという方法を 試したというお話でした。 結局、子供の理解力や言 …

IMG_5820

末っ子誕生日会~公園にて~

末っ子3歳の誕生日会当日。 微妙に曇ってる・・・。   そう、ルクセンブルクっていつも天気悪い。 天気予報も予測不可能なくらい。     でも、その後、   雨 …

無料メルマガ『どんぐるDONGURU通信』


narrative-794978__340

通称どんぐる先生

ルクセンブルク大公国5か国語環境で、5人の子育てをしながら、ゆっくり・じっくり・マイペース日本語継承語教育と考える力を伸ばす『どんぐり倶楽部』の算数教育方法を広めています。

➦詳しいプロ―フィールはこちら

DVDの詳しい内容は画像をクリック!

➦Amazonにて販売中です!